カール・ベームの1958年録音『R.シュトラウス:ばらの騎士』全曲がSACD化、2月発売

カール・ベーム / R.シュトラウス:楽劇≪ばらの騎士≫ 【3 SACD】
Tower Records
Amazon

カール・ベームの『R.シュトラウス:楽劇≪ばらの騎士≫ 』がSACD3枚組で発売になります。2月20日発売予定。

ユニバーサルからの国内盤なのでSACDシングルレイヤーと思われます。SACDのジャケットは今のところアップされておりません。参考までに右がオリジナルのジャケット写真です。

オリジナルはドイツ・グラモフォンへの1958年録音。ベームがシュターツカペレ・ドレスデンを振っての演奏。場所はドレスデンのルカ教会です。

『ばらの騎士』のSACDと言えば、作年末にバーンスタイン&ウィーン・フィルのSACDハイブリッドが発売になったばかりです。カラヤン&フィルハーモニア管のSACDも昨年出ましたし、最近『ばらの騎士』が前以上に人気が出ているような気がしないでもありません。

しかしベーム盤は、『ばらの騎士』が初演されたドレスデンでの録音ですし、ベーム唯一のスタジオ録音によるヴァージョン。前述のカラヤン盤とは発売時に人気を分け合ったとも思います。若き33歳のフィッシャー=フィッシャー=ディースカウも出ております。

ベームのR.シュトラウスの歌劇は名盤も多いので今後もSACD化して欲しいところです。配役は以下のとおり。

マリアンネ・シェヒ(ソプラノ)
クルト・ベーメ(バス)
イルムガルト・ゼーフリート(メッゾ・ソプラノ)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン) 他

カール・ベーム / R.シュトラウス:楽劇≪ばらの騎士≫ 【3 SACD】
Tower Records
Amazon

<< ポール・マッカートニーが新曲「Get Enough」を発表 | main | ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラのSACD、シェーンベルク「浄められた夜」とベートーヴェン弦楽四重奏曲第14番 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...