ソニーの自社プレスLPレコードが、いよいよ21日発売、ビリー・ジョエルと大瀧詠一

Tower Records ▶ニューヨーク52番街【LPレコード】
Amazon ▶ニューヨーク52番街【LPレコード】

ソニーミュージックがアナログ・レコードの国内生産を開始したニュースが昨年賑わいました。ソニー・ミュージックスタジオに、アナログレコードのラッカー盤カッティングマシンを導入したのでした。

その第1弾レコードがいよいよ明後日3月21日に発売になります。発売されるのはビリー・ジョエルの『ニューヨーク52番街』、そして大瀧詠一の『EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」』です。

音楽ファンなら『ニューヨーク52番街』が世界初のCDタイトルでもあることはご存知でしょう。ソニーさんもそこにかけての今回のアナログ発売と思います。今回のレコードでは、日本盤初発売時のインナースリーヴ(ライナーノーツほか)、LP帯を復刻

『EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」』【LPレコード】

Tower Records ▶EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集Vol.3 「夢で逢えたら」【LPレコード】
Amazon ▶EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集Vol.3 「夢で逢えたら」 [Analog]

大瀧詠一作曲の「夢で逢えたら」を本人、ラッツ&スター、シリア・ポール('87 MIX)、吉岡聖恵(いきものがかり)、吉田美奈子(夢で逢えたら2018)の全5曲で聴くレコード。A面に3曲、B面に2曲。

<< ジミ・ヘンドリックスのSACDがタワーレコードでも予約開始 8月発売 | main | フルトヴェングラー ターラ原盤の戦中録音が2018年リマスターCDで発売 >>