PENTATONEからSACD ヒメノ指揮『マーラー:交響曲第4番』、ソプラノはミア・パーション

PENTATONEからグスタボ・ヒメノのSACD、第4弾が発売になります。 これまでどおり、ルクセンブルク・フィルハーモニとの共演でマーラーの交響曲第4番。ソプラノを歌うのはミア・パーションで、PENTATONEに登場するのは初めてではないかと思います。

このSACDは現在のところタワーレコードやAmazonで予約が始まっておらず、PENTATONEのショップで予約することができます。

グスタボ・ヒメノのこれまでのSACD

Tower Records ▶ Ravel: Daphnis Et Chloe

Tower Records ▶Bruckner: Symphony No.1("Vienna" Version 1890/1891), Four Orchestral Pieces

Tower Records ▶Shostakovich: Symphony No.1, Scherzi, Theme And Variations & Five Fragments

<< ムーディー・ブルースでフルートを吹いていたレイ・トーマスさんが死去 | main | 2017年の【タワレコ企画盤】 トップ20のうちSACDハイブリッド盤が16点 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...