既発売SACDもあった ダットンのQuad SACD『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/ルービンシュタイン』が到着

英国ダットンがRCA 4チャンネル音源のSACD化、その『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、サン=サーンス、ファリャ』がさっそく到着しました。やっぱりルービンシュタインがまず聴きたいと。

まだ時間がとれませんので聴くのは週末になってしまいます。ここではパッケージだけご紹介します。

ブックレットを開いてビックリ、別のSACDが4タイトルが載っているではありませんか。いずれも知らないジャケットですが、調べてみるとすでに昨年発売されておりました。さすがに英レーベルだけあって、シブいものをSACD化してますね。

既に発売されていたSACD



今回発売のSACD


バッハ:管弦楽編曲集、ワーグナー:ブリュンヒルデの自己犠牲
レオポルド・ストコフスキー&ロンドン交響楽団
Tower Records
Amazon

ラインベルガー:オルガン協奏曲集
E.パワー・ビッグズ
Tower Records
Amazon



ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、サン=サーンス、ファリャ
アルトゥール・ルービンシュタイン
Tower Records
Amazon

ヴィヴァルディ:四季、ヴァイオリン協奏曲集
ピンカス・ズッカーマン、イギリス室内管弦楽団
Tower Records
Amazon



ロドリーゴ:アランフェス協奏曲、リュート協奏曲集
ジュリアン・ブリーム、ジョン・エリオット・ガーディナー
Tower Records
Amazon


<< やっぱりサラウンドがいいよ、ジョージ・ハリスンの『ライヴ・イン・ジャパン』 | main | ECM SACD発売記念、タワレコ渋谷店が「先行発売イベント」開催 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...