トレヴァー・ラビンのCD10枚組ボックス『Changes: 10 Disc Box Set』が数量限定で発売

トレヴァー・ラビン/Changes: 10 Disc Box Set<数量限定盤>

Tower Records
Amazon

元イエスのトレヴァー・ラビンのCD10枚組ボックス『Changes: 10 Disc Box Set』が7月に発売。数量限定。

これは1970年代から2000年代のソロ作品、および未発表のStudio/Liveマテリアルから編纂されたボックス。コンピ盤『90124』なども収録。今回初CD化となる貴重音源もボーナスとして収録されるので、ファンには必須のCDボックスとなりそうです。

トレヴァー・ラビン/Changes: 10 Disc Box Set<数量限定盤>

Tower Records
Amazon

ビージーズ 69年〜79年の5作品が新たにリマスターされアナログレコードで発売

ビージーズの5作品が新たにリマスターされ、アナログレコードでリリース。6月26日発売。キャピトル・スタジオにてオリジナル・アナログLP・マスターからリマスター。

Best Of Bee Gees

Best Of Bee Gees 【LPレコード】

1969年6月に発売されたビー・ジーズにとって初のベスト・アルバム。「獄中の手紙」「ワーズ」「ラヴ・サムバディ」「マサチューセッツ」「ジョーク」等ヒット曲を全12曲収録。オーストラリアで、初のシングル1位を獲得した「スピックス&スペックス」も収録。

Main Course

Main Course 【LPレコード】

1975年6月に発表された、ビー・ジーズにとって新たな黄金時代の幕開けとなったアルバム。アリフ・マーディンがプロデュースを担当、R&Bからディスコまで様々なスタイルのナンバーを収録。全米1位、全英5位を記録した「ジャイヴ・トーキン」「ブロードウェイの夜」「ファニー」がシングル・ヒット。

Children Of The World

Children Of The World 【LPレコード】

1976年発表。このアルバムからのシングル・カットされた「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」が全米・カナダで1位を獲得し世界中で大ヒット。アルバムも全米チャートで8位を獲得。「偽りの愛」、「ブギー・チャイルド」もシングル・カットされヒットしている。

Here At Last... Bee Gees Live

Here At Last... Bee Gees Live 【LPレコード】

1977年5月発表、ビー・ジーズにとっては初のライヴ・アルバム。1976年12月にロサンゼルスのフォーラムで行ったコンサートの模様を捉えた2枚組。

Spirits Having Flown

Spirits Having Flown 【LPレコード】

1979年1月発表、15枚目となるスタジオ・アルバム。『サタデー・ナイト・フィーバー』サントラのヒット後に出されていて、全米・全英とも1位を獲得。 このアルバムからシングル・カットされた「哀愁のトラジディ」「失われた愛の世界」「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」の3枚も全て全米1位を獲得。

クラプトン&B.B.キング『ライディング・ウィズ・ザ・キング』20周年でリマスター、LPとCDが発売

Riding With The King/B.B. King、Eric Clapton【LPレコード】

エリック・クラプトンとB.B.キングが競演した『ライディング・ウィズ・ザ・キング』が、発売20周年として記念エディションが発売。アルバムの最新リマスター音源と、2曲の未発表トラックを収録。アナログレコード(2枚組)とCDで発売になります。

『ライディング・ウィズ・ザ・キング』は2000年に発売され、2001年度のグラミー賞、ベスト・トラディショナル・ブルース・アルバム賞を受賞。

アメリカでは、アルバム・チャート3位、200万枚でダブル・プラチナ・ディスクを獲得。日本では、アルバム・チャート4位、30万枚でプラチナ・ディスクを獲得した大ヒット・アルバム。

ジャケットも印象的で、発売から20年も経ったとは思えないほどです。ちなみに本作は2015年にAudio FidelityよりSACDハイブリッドが発売されています。

20周年記念CDはこちら

ライディング・ウィズ・ザ・キング(20周年記念エディション)/Eric Clapton 、 B.B. King

Tower Records
Amazon

Riding With The King/B.B. King 、 Eric Clapton

Tower Records

ボブ・ディランの新作『ラフ&ロウディ・ウェイズ』 がハイレゾ配信開始、flac(96kHz/24bit)

Rough and Rowdy Ways / Bob Dylan

e-onkyo music flac(96kHz/24bit)

ボブ・ディランの8年ぶりのオリジナル曲による新作『ラフ&ロウディ・ウェイズ』 が、早くもハイレゾで配信されました。ハイレゾはflac(96kHz/24bit)で配信。

ジョニ・ミッチェルの2007年作品『『シャイン』が初アナログレコード化、180g重量盤LP

Shine/ジョニ・ミッチェル【LPレコード】

Tower Records
Amazon

ジョニ・ミッチェルの2007年作品『シャイン(Shine)』が初のアナログレコード化。180g重量盤LPでリリースされた。Concordから発売。

『シャイン』は『テイミング・ザ・タイガー』(1998年)以来となる新作として2007年にリリースされました。

オープニングは2008年グラミー賞〈最優秀インストゥルメンタル・パフォーマンス賞〉を受賞した「ONE WEEK LAST SUMMER」。ジェームス・テイラーをゲストに迎えた1970年の名曲「ビッグ・イエロー・タクシー」の新ヴァージョンも収録されている。

1. One Week Last Summer
2. This Place
3. If I Had A Heart
4. Hana
5. Bad Dreams
6. Big Yellow Taxi
7. Night Of The Iguana
8. Strong And Wrong
9. Shine
10. If

Shine/ジョニ・ミッチェル【LPレコード】

Tower Records
Amazon

フリートウッド・マックの69年作『ゼン・プレイ・オン』エクスパンデッド・エディション、LP2枚組で発売

Then Play On (Expanded Edition)【LPレコード】 Fleetwood Mac

フリートウッド・マックの1969年作品『ゼン・プレイ・オン(Then Play On )』のアナログレコードが、エクスパンデッド・エディションとして、180g重量盤LP2枚組で発売。リリースはBMGから。本作は同時にCDでも発売。

『ゼン・プレイ・オン』は彼らの通算3作目となるアルバム。ブルース・ロックから70年代後半のポピュラー路線に変わる転換期を語る上で外せない名盤。大ヒット曲「オー・ウェル」を収録。ピーター・グリーン、ダニー・カーワン、ジェレミー・スペンサーのトリプル・ギターも活躍。

このエクスパンデッド・エディションは、オリジナルUK版のトラックリストにボーナス・トラックを4曲追加した2013年発表のデラックス盤をベースにしたもの。アナログレコード2枚組でのリリースとなる。ブックレットも付属している。

LP 1
A面
1.Coming Your Way
2.Closing My Eyes
3.Fighting for Madge
4.When You Say
5.Show-Biz Blues
B面
1.Underway
2.One Sunny Day
3.Although the Sun Is Shining
4.Rattlesnake Shake
5.Without You

LP2
A面
1.Searching for Madge
2.My Dream
3.Like Crying
4.Before the Beginning
B面
1.Oh Well (Pt. 1)
2.Oh Well (Pt. 2)
3.The Green Manalishi (With the Two Prong Crown)
4.World in Harmony

CDはこちら

Then Play On (Expanded Mediabook CD)/Fleetwood Mac

ホリー・コールの名盤『Temptation』が45回転LP(4枚組)で発売 Analogue Productions

Temptation (45RPM)<限定盤>【LPレコード】
Holly Cole

Analogue Productionsから、ホリー・コールの『Temptation』が45回転アナログレコードで発売。45回転なのでLP4枚組となります。200g重量盤。7月下旬発売予定。

『Temptation』は1995年発売のホリー・コールによるトム・ウェイツ作品集。

録音も良いため、これまでAnalogue ProductionsはSACDハイブリッドや33回転LP(2枚組)でリリースしてきましたが、今回は今注目の45回転LPでリリース。

45回転LPの製作にあたってはバーニー・グランドマンがオリジナル・アナログ・マスターからリマスタリング。LPのプレスはQuality Record社。

LP 1
A面
1.Take Me Home
2.Train Song
3.Jersey Girl
B面
1.Temptation
2.Falling Down

LP 2
A面
1.Invitation To The Blues
2.Cinny's Waltz
3.Frank's Theme
B面
1.Little Boy Blue
2.I Don't Wanna Grow Up

LP 3
A面
1.Tango Til They're Sore
2.(Looking For) The Heart Of Saturday Night
B面
1.Soldiers Things
2.I Want You
3.Good Old World

LP 4
A面
1.The Briar And The Rose
2.(Looking For) The Heart Of Saturday Night
B面
1.Shiver Me Timbers
2.Last Rose Of Summer

Temptation (45RPM)<限定盤>【LPレコード】
Holly Cole

ロジャー・ウォーターズのライヴ映像『US+THEM』がブルーレイ、DVDで発売。LPとCDも

アス・アンド・ゼム/ Roger Waters【ブルーレイ】

Tower Records
Amazon

ロジャー・ウォーターズのライヴ映像『アス・アンド・ゼム(US+THEM)』がブルーレイとDVDで10月に発売。あとアナログ・レコードとCDも発売。

本作はロジャー・ウォーターズのワールドツアーから2018年6月のアムステルダム公演を収録。当時の新作『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』からの曲のほか、ピンク・フロイドの名曲が多数演奏されている。

残念ながらブルーレイの収録音源の情報は出ていません。しかし話題となった発電所、ピラミッドなどのステージ・デザインは見ものでしょう。

DVD、CD、アナログレコードはこちら

ポール・マッカートニー『Flaming Pie』アーカイヴ ・コレクション、輸入盤の予約も開始

ポール・マッカートニーの『フレイミング・パイ(Flaming Pie)』アーカイヴ・コレクション、国内盤に続き、輸入盤の予約がタワーレコードで開始になりました。

【5CD/2DVD】デラックス・エディション

フレイミング・パイ デラックス・エディション [5SHM-CD+2DVD]

Tower Records 国内
Tower Records 輸入 New
Amazon

・5CD+2DVD
・リマスター・アルバムと32曲のボーナス・トラックの96kHz/24bit ハイレゾ・オーディオが聴けるダウンロード・カード付
・リンダ・マッカートニーの未発表写真などを含む128ページのブックレットなど

【2CD】フレイミング・パイ スペシャル・エディション

フレイミング・パイ スペシャル・エディション【2CD】

Tower Records 国内
Tower Records 輸入 New
Amazon
Amazon インポート

・リマスター・アルバム+ボーナス・オーディオ21曲

【3LPレコード】

フレイミング・パイ【3 LPレコード】

Tower Records 国内
Tower Records 輸入 New
Amazon
Amazon US

・ハーフ・スピード・カッティング、リマスター180gLP x2(本編)
・ホーム・レコーディング音源のLP盤

【2LPレコード】

フレイミング・パイ【LPレコード】

Tower Records 国内
Tower Records 輸入 New
Amazon

・ハーフ・スピードでカッティング、リマスター180gLP x 2

ニール・ヤングの書籍『音楽を感じろ:デジタル時代に殺されていく音楽を救う二ール・ヤングの闘い。』日本語版が発売。

音楽を感じろ:デジタル時代に殺されていく音楽を救う二ール・ヤングの闘い。
ニール・ヤング著, フィル・ベイカー著, 鈴木美朋 訳

Tower Records
Amazon
楽天ブックス

ニール・ヤングの本『音楽を感じろ:デジタル時代に殺されていく音楽を救う二ール・ヤングの闘い。』が発売。

これは『To Feel the Music: A Songwriter’s Mission to Save High-Quality Audio』の日本語版。著者はニール・ヤングとフィル・ベイカー。翻訳は鈴木美朋。発売は河出書房新社から。

ショップでの発売は7月となっていますが、発行のストランド・ブックスのFacebookによれば、8月9日になるようです。本書の詳細もそちらに詳しく載っています。

S・ジョブズに無碍にあしらわれ、自ら高音質プレイヤーを開発したのはなぜか。先達の音楽作品を未来に継承するために、今、二ール・ヤングが守ろうとする音楽のあり方とは。

『音楽を感じろ デジタル時代に殺されていく音楽を救う二ール・ヤングの闘い。』
著者 ニール・ヤング&フィル・ベイカー 翻訳 鈴木美朋

発行 ストランド・ブックス
発売 河出書房新社
建頁 本文/1c×1c =314P
判型 A5判・上製
発行予定 2020年8月6日
定価 3,000円(+税)

Tower Records
Amazon
楽天ブックス