ハイレゾ配信が開始 ポール・マッカートニー『エジプト・ステーション(エクスプローラーズ・エディション)』

ポール・マッカートニー / Egypt Station[Explorer's Edition] 【ハイレゾ配信】
e-onkyo music

ポール・マッカートニーの『エジプト・ステーション』に、未発表曲やライヴ・ヴァージョンを追加収録した2枚組拡張版『エジプト・ステーション(エクスプローラーズ・エディション)』 の、ハイレゾ配信が始まりました。

ファイル形式はflac 96kHz/24bitとMQA 96kHz/24bitの2種類です。

『エジプト・ステーション(エクスプローラーズ・エディション)』は、同時にCDアナログレコードでリリースしたもののパッケージでの高音質盤は出ておりませんので、24bitで聴きたい方はハイレゾ配信をチェックしてみてください。

ポール・マッカートニー / Egypt Station[Explorer's Edition] 【ハイレゾ配信】
e-onkyo music

グレイトフル・デッドのサード『Aoxomoxoa』が50周年リマスター、アナログレコードが発売

グレイトフル・デッド / Aoxomoxoa (50th Anniversary)<Picture Vinyl/限定盤>【LPレコード】
Tower Records

グレイトフル・デッドの『アオクソモクソア』が、50周年の最新リマスター、アナログ・レコードで発売になります。アルバムのアートワークによるピクチャー・ディスク仕様。

本作は1969年発表のサード・アルバムで初期の代表曲「セント・ステファン」「チャイナ・キャット・サンフラワー」などを収録。

『アオクソモクソア』は、これまでもデジタル・リマスターがおこなわれてきましたが、今回は50周年最新リマスター。

そしてアナログレコードの他に、CD2枚組の50周年デラックス・エディションも発売になります。

デラックス・エディションには残念ながら高音質盤はありませんが、本編のほか、CD2には1969年1月24日から26日にかけて、カリフォルニア州サン・フランシスコのアヴァロン・ボールルームで行われた未発表ライヴ音源を収録。こちらもリマスターされているとのこと。

CD2枚組の50th Anniversary Deluxe Editionはこちら

Aoxomoxoa (50th Anniversary Deluxe Edition) 【2CD】
Tower Records
Amazon

【タワレコ】レッド・ツェッペリン『伝説のライヴ』ボックス(3CD+4LP+DVD Audio)が30%オフ

レッド・ツェッペリン / 伝説のライヴ-HOW THE WEST WAS WON- 【3CD+4LP+DVD Audio+BOOK+ハイ・クオリティ・プリント】
Tower Records

タワーレコードがアウトレット・セールなるものを始めました。

その中で高音質ファンに注目の商品では、レッド・ツェッペリンの『伝説のライヴ-HOW THE WEST WAS WON』の国内盤ボックスでしょう。

なにせ、CD3枚、アナログレコード4枚DVD-Audio、そして豪華本というセット。昨年の3月にリリースされたものですが、国内盤ゆえ通常価格27,000円が、セール価格18,900円となっております。

アナログ・レコードで聴く方、DVD-Audioで聴く方、またコレクターは要チェックでしょう。

レッド・ツェッペリン / 伝説のライヴ-HOW THE WEST WAS WON- 【3CD+4LP+DVD Audio+BOOK+ハイ・クオリティ・プリント】
Tower Records

トッド・ラングレンの『コンプリート・ベアズヴィル&ワーナー・ブラザーズ・シングルズ』のアナログレコード

The Complete U.S. Bearsville & Warner Bros. Singles (Colored Vinyl) 【LPレコード】
Tower Records

トッド・ラングレンが、ベアズヴィル及びワーナー・ブラザーズからリリースした全シングル盤のAB面を収録した『コンプリート・ベアズヴィル&ワーナー・ブラザーズ・シングルズ』がRhinoより、アナログ・レコード4枚組で発売中です。こういうシングル集ならば、やはりアナログ・レコードで聴きたいものですね。

ちなみにCD(2枚組)は国内盤が明日5月15日発売。アナログ・レコードの収録曲は、このCDの方に載っている曲を参考にしてください。

CDでも発売

コンプリート・ベアズヴィル&ワーナー・ブラザーズ・シングルズ 【CD】
Tower Records
Amazon

スーザン・ウォンの新作『Close To Me』SACDが5月発売、Amazonで予約開始

スーザン・ウォン / Close To Me 【SACDハイブリッド(?)】
Amazon
Amazon US

以前SACDラボ♪♪レビューでも取り上げた香港のシンガー、スーザン・ウォンのニューアルバム『Close To Me』がSACDで発売になります。

5月17日発売ですが、今のところ日本とアメリカのAmazonでアップされております。しかし現在予約ができるのはアメリカのAmazonのみのようです。タワーレコードやHMV&BOOKSでは、まだアップされておりません。

今回の新作は3年をかけて、アメリカ、香港、フィリピンなどで録音。今回も高音質ファンに向けてのクオリティになっているようです。録音は24bit/96kHzのよう。

SACDはAmazonの英文を読むと、どうやら2chステレオのみのようです。SACDの他にはMQACD、180g重量盤アナログレコードなどでも発売。

収録曲は以下のとおり。1曲目の「Vincent」はドン・マックリーンのあの有名な曲でしょうか。今回も楽しみな内容です。

1. Vincent
2. Sing for You
3. Man in the Mirror
4. The One You Love
5. Sunday Morning
6. What's Going on
7. Don't Dream It's Over
8. He's the One
9. Can't Hurry Love
10. That's Why You Go Away
11. When You Were My Man
12. Yesterday

スーザン・ウォン / Close To Me 【SACDハイブリッド(?)】
Amazon
Amazon US

マドンナの最新作『Madame X』がアナログレコード2枚組で発売、カセットテープも発売

マドンナ / Madame X 【LPレコード】
Tower Records

マドンナの14作目のスタジオアルバム『Madame X』が来月発売になりますが、アナログレコードでも発売になります。2枚組ブラックLPとなります。

前作から4年ぶりとなる最新作は、マドンナが数年前から暮らすポルトガルのリスボンに影響された作品ということです。YouTubeのプロモ音源を聴くと、ちょっとラテン系の風が吹くような音楽です。

例によって、CDはデラックス・ボックスセット、デラックス・セット、通常盤とヴァージョン違いも発売されますが、カセット・テープも発売になるところも“今風”でありましょうか。

Deluxe Boxset (2CD+7inch+カセットテープ)

Deluxe Boxset [2CD+7inch+Cassette]
Tower Records

カセットテープ

カセットテープ
Tower Records
Amazon

CD

CD<デラックスエディション>国内
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Amazon

CD<通常盤>国内
Tower Records
Amazon

CD<Deluxe Edition>輸入盤
Tower Records
Amazon

CD<通常盤>輸入
Tower Records
Amazon

以上

 

ストーンズの映画『ロックン・ロール・サーカス』が“ドルビー・アトモス”収録で初ブルーレイ化

ザ・ローリング・ストーンズ/ ロックン・ロール・サーカス<リミテッド・デラックス・エディション> 【Blu-ray Disc+DVD+2SHM-CD】
Tower Records

ローリング・ストーンズの映画『ロックン・ロール・サーカス』が初めてブルーレイ化です。

ニュースはそれだけではなく、ブルーレイにドルビー・アトモス&ドルビー・ビジョンも採用していることです。映像も4Kレストア版。オリジナルのスタンダード(4:3)とワイドスクリーン(16:9)の双方を楽しめるので、環境のある方は最高でしょう。

<リミテッド・デラックス・エディション> にはブルーレイとあわせてDVDもついてます。

あとサウンド・トラック・アルバムはCDでついてます。音源はリミックスされ、192khz/24bitのレストアされた新マスター。2枚目のCDにはボーナストラックを収録。というわけで映像と音源もたっぷりというわけです。

なお輸入国内盤仕様の日本盤のみブルーレイとDVDに日本語字幕付きだそうです。詳しい収録はタワーレコードの方をご覧ください。ほかにアナログレコードやCDも出ます。

ブライアン・イーノ『アポロ』のリマスターCDが発売。新曲11曲を収録したボーナスCD付き

ブライアン・イーノ / アポロ 【CD】【限定ハードカヴァー・ブック・エディション】
Tower Records
Amazon

これはCDですが、ブライアン・イーノのアンビエント・ミュージックの名作『アポロ』が、リマスターされて7月に発売になります。音源はアビイ・ロード・スタジオのマイク・ジョーウェルが担当。さらにボーナスディスクとして、新曲11曲を収録した2枚組。

『アポロ』はブライアン・イーノが1983年に発表したアルバムで、そのアンビエントなサウンドが革新的で大ブームとなった気がします。当時はSACDラボ♪♪もオーディオ界に登場したばかりのCDで『アポロ』を聴きました。個人的にはその前にリリースされた『サーズデイ・アフタヌーン』のCDも気に入っていましたが。

ブライアン・イーノのブームはその後、おさまった気がしておりましたが、この『アポロ』はその後も映画『トレインスポッティング』に使われたり、2012年のロンドン・オリンピックの開会式でも使用されたりと、時代を超えた名盤として聴かれてきたようです。

こういう音楽こそ高音質でサラウンドになってほしいものですが、リマスターでのCD発売でも嬉しいですね。

ボーナス・ディスクには38年ぶりにブライアン・イーノとダニエル・ラノワ、そしてロジャー・イーノのコラボによる新曲が11曲も入っているのですからなおさらです。

リリースはハードカヴァー・ブック・エディションと通常盤の2種類で出ます。

アポロ 【限定ハードカヴァー・ブック・エディション】<完全生産限定盤>
Tower Records
Amazon

アポロ 【スタンダード・エディション】<通常盤>
Tower Records
Amazon

以上

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』のオリジナルサウンドトラックが5月24日世界発売

エルトン・ジョンの半生を映画化した映画『ロケットマン』が、8月23日に公開されますが、そのオリジナル・サウンドトラックが映画に先がけて5月24日に世界発売になります。

今のところ日本のショップでは予約が始まっていませんが、まもなく予約開始になるかと思います。

ただサウンド・トラックと言っても、エルトン・ジョンが歌っているのではなく、映画でエルトン・ジョン役を演じる俳優のタロン・エガートンが歌っているそうです。

しかし、タロンの歌唱がなかなか上手いです。映画のシーンとタロンの録音風景の動画を下に載せましたが、かなりいいのではないでしょうか。

あと、このオリジナル・サウンドトラックのプロデューサーは、ビートルズのリマスターでおなじみのジャイルズ・マーティンが担当。加えてエルトン・ジョンとタロン・エガートンによる新曲「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」も収録されるとのこと。

昨年の映画『ボヘミアン・ラプソディ』に続いて、楽しみなロック映画が続きます。

[CD]リッキー・リー・ジョーンズの新作カヴァーアルバム『キックス』が来日前に国内先行発売

リッキー・リー・ジョーンズ / キックス 【CD】
Tower Records 国内
Amazon 国内
Amazon インポート

これはCDですが、リッキ・リー・ジョーンズの新作『キックス』が5月15日に発売。5月の来日に合わせて日本先行発売です。Amazonでは輸入盤も載っていますが注文は受け付けておりません。

本作は今年デビュー40周年を迎えるリッキー・リー・ジョーンズの、カヴァー・アルバムとしては通算5作目となります。製作はニューオリンズで、地元のミュージシャン、ミキサー、スタジオを使って製作されたとのこと。

今回はバッド・カンパニーの「Bad Company」、エルトン・ジョンの、エルトン・ジョンにさえシブい「My Father's Gun(父の銃)」、スティーヴ・ミラー・バンド「Quicksilver Girl」、アメリカの「Lonely People」などから、ジャズ・スタンダードの「Mack The Knife」まで絶妙の選曲です。

非常に興味深いですね。今のところアナログレコードはまだ見あたりません。収録曲は以下のとおり。

1. Bad Company  (Bad Company, 1974)
2. My Fathers Gun  (Elton John, 1970)
3. Lonely People  (America, 1974)
4. Houston  (Sanford Clark, 1964)
5. You’re Nobody ‘Til Somebody Loves You  (Russ Morgan, 1944)
6. Nagasaki  (Ipana Troubadours, 1928)
7. Mack The Knife (Louis Armstrong, 1956 )
8. Quicksilver Girl  (Steve Miller Band, 1968)
9. End Of The World  (Skeeter Davis, 1962)
10. Cry  (Ruth Casey, 1951)

リッキー・リー・ジョーンズ / キックス 【CD】
Tower Records 国内
Amazon 国内
Amazon インポート