デオダートのSACD『Prelude & Deodato 2』を聴きました。

タワーレコードに注文していたデオダートのSACD『Prelude & Deodato 2』が到着しました。さっそく聴いてみました。

当時の4チャンネル(Quad)を収録したマルチチャンネルから聴きました。今のサラウンドと違って70年代の4チャンネルは、楽器音の“ベタな配置”というのが通常というか限界だったと思いますが、本作のサラウンドもそのたぐいです。

しかし思ったほど楽器の分離感は出ずサラウンド感は、まずまずキープしておりました。基本フロントがエレピとリズム・セクション。リアのどちらかにパーカッション、どちらかにホーン、ストリングスというセッティングのようですが、曲によってはホーン,ストリングス、パーカッションがフロントにくるものがありました。

このSACDは2枚のアルバムを2in1にしたものですが、概して後半の『Deodat 2』の楽曲のほうがサラウンドはキマっていると思いました。たとえば「亡き王女のパヴァーヌ」のストリングスなどは“ベタな配置”より一歩すすんで、サイトからの広がり感のあるサラウンドになります。あと最終曲「ラプソディ・イン・ブルー」も2ch以上に迫力と音空間の厚みを感じました。

結論的にはマルチチャンネルは十分サラウンド的で今後も楽しめるものでした(もちろん70年代のそれ、と理解しての上で)。まあ唯一の不満は「ツァラトゥストラはかく語りき」の冒頭の有名なテーマがリア左で鳴ることで、これはフロントにしてほしかったものです。

2chもSACDらしいアナログライクさ

しかしその「ツァラトゥストラはかく語りき」も2chで聴くとまったく不満がないのですから、いいSACDだと思います。2chではエッヂが丸いアナログライクな音。これはヴォリュームを上げて聴きたいところ。すると解像度も良好の構築系の音で聴けます。右サイドのドラムの音などは非常に心地良く、カッコいい叩きを随所で楽しめます。

結局2chも良いので、マルチチャンネルとお好みで聴けると思います。SACDラボ♪♪は多分、何度も聴くことで音の配置に慣れて、マルチで聴くことを好むと思います。やっぱりサラウンドは気持ちがいいですから。

2 in 1なのに1枚のアルバムのよう

最後にこのSACDを通して聴きましたが、2枚のアルバムはまったく違和感なく聴き通せますね。いい意味でデオダートの音楽作りがワンパターンの感がありますので、「ツァラトゥストラはかく語りき」からはじまって「ラプソディ・イン・ブルー」で終わる、まるで1枚のアルバムのようです。

トータルはマルチチャンネルでは68分くらい。2chではこれより30秒ほど短いです(昔のアルバムは1枚が短くてほんと聴きやすかった)。いずれにしましてもデオダートの傑作2タイトルがこんなサウンドで聴けるのは嬉しいSACDです。唯一の小言は適当なジャケットですが(笑)、まあこれが2 in1にはベストデザインかもしれません。


Amazon ▶Prelude & Deodato 2 (Hybrid SACD)
Tower Records ▶Prelude & Deodato 2【SACD】

エソテリックのSACDボックス『グレート・ジャズ・セレクション6』12月発売 エヴァンス、パウェルなど

インザムード楽天市場店 ▶新品SACD-BOXグレート・ジャズ・セレクション 6
MC昭和 ▶GREAT JAZZ Selection 6 グレート・ジャズ・セレクション6

エソテリック(Esoteric)の年末恒例のSACDボックスが今年も12月22日に発売。『グレート・ジャズ・セレクション6』としてジャズ史に残る名盤6タイトルを収録。

今回はリヴァーサイド、ブルーノート、ヴァーヴの録音。ビル・エヴァンス、バド・パウェル、リー・モーガンなど、今回も名盤揃いです。ジャケットを見ただけで一目瞭然でしょう。今回のエソテリックのSACDもどんな音か興味深いです。エソテリックのページはこちら

収録アルバム
・ウィントン・ケリー/ケリー・ブルー(59年録音)
・ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ(61年録音)
・ウェス・モンゴメリー/フル・ハウス(62年録音)
・バド・パウェル/ザ・シーン・チェンジズ(58年)
・リー・モーガン/ザ・サイドワインダー(63年録音)
・オスカー・ピーターソン/プリーズ・リクエスト(64年録音)

インザムード楽天市場店 ▶新品SACD-BOXグレート・ジャズ・セレクション 6
MC昭和 ▶GREAT JAZZ Selection 6 グレート・ジャズ・セレクション6

ジャズ・フルート奏者、デイブ・バレンティン『Land Of The Third Eye』がSACD化

Amazon ▶Land Of The Third Eye/Dave Valentin (Hybrid SACD)
Tower Records ▶Land of the Third Eye/Dave Valentin【SACD】

こちらも前記事のデオダートのSACDと同じくVocalionのSACDです。ジャズ・フルート奏者、デイブ・バレンティンの『Land Of The Third Eye』のSACD。これは2chのみ。

デイブ・バレンティンはジャズ・フルート奏者。クロス・オーバー、ラテン・ジャズの世界で活躍をしてきましたが、惜しくも今年の3月に64歳で亡くなっております。

デオダートの4ch収録SACDが発売『ツァラストラ…』『ラプソディ…』の2 in 1で


Amazon UK ▶Deodato - Prelude & Deodato 2[SACD Hybrid Multi-channel]
Tower Records ▶Prelude & Deodato 2【SACD】

70年代フュージョンの名作、デオダートの『ツァラトゥストラはかく語りき』と『ラブソディー・イン・ブルー』が、2 in1のSACDハイブリッドで発売されています。さらに当時の4チャンネル(Quadraophonic)を収録したマルチチャンネルも収録。今のところタワーレコードとイギリスのAmazonで取り扱っています。

このSACDは今年になってチック・コリアなどのSACDマルチを出しているVocalionレーベルからのものです。しかし今回は2枚のアルバムを1枚のSACDに収めているところがビックリ。『Prelude(邦題 「ツァラトゥストラはかく語りき」)』 は自ずと知れたデオダートのデビュー盤。これでフュージョンが始まったと言っても過言でない名作アルバム。

セカンド・アルバム『 Deodato 2(邦題「ラプソディー・イン・ブルー」)は、ファーストの流れを組むものですが、SACDラボ♪♪個人は全体ではセカンドのほうがいい曲が多いと思っています。録音はどちらもルヴィ・ヴァン・ゲルダー。

まあ、どちらもCTIを世に知らしめた歴史的フュージョン・アルバム、さらに当時の4チャンネル収録ですので、このSACDは非常に魅力的だと思います。イギリスのAmazonのジャケット裏画像によれば、リマスターはオリジナル・アナログ・テープからMichael J. Duttonによるもの。


Amazon UK ▶Deodato - Prelude & Deodato 2[SACD Hybrid Multi-channel]
Tower Records ▶Prelude & Deodato 2【SACD】

キース・ジャレット『サンベア・コンサート』がタワレコ限定でSACDハイブリッド化(6枚組)


Tower Records ▶サンベア・コンサ-ト/キース・ジャレット<タワーレコード限定/900部シリアルナンバー入り>

タワーレコードの限定SACDで大物の登場です。ECM、キース・ジャレットの『サンベア・コンサート』が世界初SACD化。11月1日発売予定です。

ジャズ・ファンならおなじみのキース・ジャレットが日本でおこなったソロ・ライヴ・ピアノの記録。オリジナルは10枚組というズッシリとしたアナログ・レコードでしたが、SACDハイブリッドでは6枚組となります。シリアルナンバー入りの限定900セットで、ディスクは緑印刷仕様。

今までのECMのSACD化と同じく、本作もECM自ら新マスタリングしたそうです。ECM監修のもと新マスタリングを担当したのはキース・ジャレットの諸作にかかわってきたエンジニア、クリストフ・スティッケル。CD層はこれまでのCDマスターと同じだそうです。

秋の夜長、膨大なヴォリュームをSACDでジックリ聴く

このところECMのSACD化をすすめているタワーレコードですので、「SACDで出たらすごいだろうなあ」とは思っていたものの、まさか出るとは思っていませんでした(^-^;(出るとしたら『ブレーメン・コンサート』のほうではないかと)。

『サンベア・コンサート』は聴くのにも相当の体力が必要です。アナログ・レコードでは大変ですが、SACD化を機会に秋の夜長、じっくりと聴いてみるのも手かと思います。


Tower Records ▶サンベア・コンサ-ト/キース・ジャレット<タワーレコード限定/900部シリアルナンバー入り>

ユニバーサルがジャズの名盤SACD(SHM仕様)を11月発売 アンコールプレス?

ユニバーサルからジャズのSACDの予約が開始されております。発売は11月22日。

いずれも名盤ばかり。今回のリリースについて詳細は分かりませんが、多分アンコール・プレスではないかと思われます。気になる方はチェックをどうぞ。

ユニバーサル ジャズSACD

処女航海/ハービー・ハンコック
Tower Records
Amazon

スピーク・ライク・ア・チャイルド +3/ハービー・ハンコック
Tower Records
Amazon

ディッピン/ハンク・モブレイ
Tower Records
Amazon

サムシン・エルス +2/キャノンボール・アダレイ
Tower Records
Amazon

クール・ストラッティン +2/ソニー・クラーク
Tower Records
Amazon

チュニジアの夜 +2/アート・ブレイキー & ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
Tower Records
Amazon

スピーク・ノー・イーヴル +3/ウェイン・ショーター
Tower Records
Amazon

ザ・シーン・チェンジズ +1/バッド・パウエル
Tower Records
Amazon

アウト・トゥ・ランチ +2/エリック・ドルフィー
Tower Records
Amazon

モーニン +2/アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
Tower Records
Amazon

ヴィレッジ・ヴァンガードの夜 +4/ソニー・ロリンズ
Tower Records
Amazon

ソング・フォー・マイ・ファーザー +4/ホレス・シルヴァー
Tower Records
Amazon

ミッドナイト・ブルー +2/ケニー・バレル
Tower Records
Amazon

ザ・サイドワインダー +1/リー・モーガン
Tower Records
Amazon

キャンディ +1/リー・モーガン
Tower Records
Amazon

ソウル・ステーション/ハンク・モブレイ
Tower Records
Amazon

タワレコ限定SACD ECMシリーズ第3弾が発売、キース・ジャレット、チック・コリア、パット・メセニー

タワーレコード限定SACD、ECMシリーズの第3弾が9月6日発売です。今回のラインナップも第1弾、第2弾と同じくキース・ジャレット、チック・コリア、パット・メセニーです。SACDマスタリングもこれまで同様に、ECM自らが制作。

キース・ジャレット『スタンダーズ Vol.2』


Tower Records ▶スタンダーズ Vol.2/Keith Jarrett Trio

第2弾でSACD化された『スタンダーズ Vol.1』の続編がSACD化。オリジナルは1985年発売。

チック・コリア『A.R.C.』


Tower Records ▶A.R.C. / Chick Corea

チック・コリア初のECM録音がSACD化。オリジナルは1971年。デイヴ・ホランド(b)、バリー・アルトシュル(ds)とのトリオ。

パット・メセニー・グループ『オフランプ』


Tower Records ▶オフランプ / Pat Metheny Group

パット・メセニー・グループの第3作目のSACD化。オリジナルは1982年。本作からメセニーはギター・シンセサイザーを導入。

ジャンゴ・ラインハルト&スティファン・グラッペリへのトリビュートアルバムがSACDで発売


Amazon ▶Tribute to Stephane & Django
Tower Records ▶Tribute To Stephane & Django

ギターのジャンゴ・ラインハルトと、ヴァイオリンのステファン・グラッペリ。この二大巨頭をトリビュートしたSACDが発売になります。

演奏するのはハンガリーのヴァイオリニスト、ロビー・ラカトシュと、ギタリストのビレリ・ラグレーン。あとオーケストラも参加しているようですん。

収録曲はジャンゴの名作「ジャンゴロジー」ほかで、タワーレコードのほうに載っています。

ジャンゴ・ラインハルトとステファン・グラッペリの“ノリノリ”が現代のアーティストの演奏でどうなるか興味深くあります。

スウェーデンのOpus 3から40周年でサンプラーと思われるSACDが発売


Amazon ▶40th Anniversary Celebration album

スウェーデンのレーベルOpus 3からSACDが発売。

タイトルは『40th Anniversary Celebration album』で、これだけではチョット分かりずらいのですが、Opus 3のサイトをみると40周年を祝うサンプラーではないかと推測されます。同じくOpus 3のこちらのほうに「... is a very different from all our other "samplers"!」と書いてありますので。収録曲は以下のとおり。

Bottleneck John - Numbers On The Sun
Yamina - Gentle Rain
Tiny Island - Bentonia
Eric Bibb - Going Home
Bottleneck John - Walking In The Shadows of the Blues
B.B. Leon & Triple Treat - Hail Storm
Maria Winther - Open Road
Johan Dielemans Trio - Round Midnight
Yamina - My Foolish Heart
Lars Erstrand - Let Me Call You Sweetheart
Kustbandet - Indian Cradle Song
B.B. Leon & Triple Treat - Maria
Kjell Ohman - Blues Opus 3
Bottleneck John - Lonesome Valley
Tiny Island - Mias Advent
Stockholm Guitar Quartet - Mendelsohn: Allegro di molto
The Erik Westberg Vocal Ensemble - J.S Bach: Komm susser Tod
Mattias Wager - Jolivet: Hymne a l'univers (Excerpt)


Amazon ▶40th Anniversary Celebration album

Audio Fidelityのウェザーリポート『ヘヴィ・ウェザー』Amazonで予約開始、スピリットのSACDも

以前お伝えしたAudio FidelityのSACD、ウェザーリポート『ヘヴィー・ウェザー』とスピリット The Family That Plays Together』がAmazonで予約開始となっています。発売はどちらも5月12日予定。

ウェザーリポート『ヘヴィー・ウェザー』


Amazon ▶Heavy Weather / ウェザー・リポート

名作「バードランド」収録。これはSACD初期に国内盤SACD(シングルレイヤー)が発売になっています。

スピリット『The Family That Plays Together』


Amazon ▶Family That Plays Together / Spirit

スピリットのセカンドアルバムのSACD化。1968年の作品。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...