ショルティ没後20周年記念、グラミー賞受賞作を含むLP6枚組ボックスが発売


Tower Records ▶Solti & Chicago - The Vinyl Edition【LPレコード】

ゲオルグ・ショルティとシカゴ交響楽団のLPボックスセットが10月31日に発売予定です。これはショルティ没後20周年、シカゴ響結成125周年記念ということで、シリアル番号入りの限定セット。

収録アルバムは下にあげておきましたが、6タイトルのうち4タイトルはグラミー賞受賞作品。1枚はグラミー賞ノミネート作品とのことです。実はショルティは生涯にグラミー賞を33回も受賞しているんですって(うちシカゴ響とは24回受賞)。

それはともかく、ショルティとシカゴ響は今月に108枚組CDボックスをリリースしたばかりですが、「デッカ録音」それ自体がオーディオファイルには特典のようなものですね。このセットのグラミー賞も録音関係のものが多いです。もちろんショルティの演奏もグラミー賞ものだと思いますが。

ショルティ&シカゴ交響楽団/デッカ録音 6LPセット

LP 1
R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき、ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら(1975年録音)
BEST CLASSICAL ORCHESTRAL PERFORMANCE, 1976

LP 2
ラヴェル:ボレロ*、ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、海(1976年録音)
BEST ENGINEERED RECORDING, CLASSICAL(ボレロ), 1977 NOMINATIONS: ALBUM OF THE YEAR CLASSICAL; BEST CLASSICAL ORCHESTRAL PERFORMANCE(ボレロ)

LP 3
ブラームス:交響曲第4番(1978年録音)
BEST CLASSICAL ALBUM; BEST CLASSICAL ORCHESTRAL RECORDING, 1979

LP 4
ブルックナー:交響曲第4番(1981年録音)

LP 5
ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』(1986年録音)withジェシー・ノーマンほか
BEST ORCHESTRAL RECORDING, 1987 NOMINATION: BEST CLASSICAL ALBUM

LP 6
マーラー:交響曲第4番(1983年録音)
NOMINATION: BEST CLASSICAL ORCHESTRAL RECORDING, 1985


Tower Records ▶Solti & Chicago - The Vinyl Edition【LPレコード】

五嶋みどりがケーテンで演奏したバッハ「無伴奏ヴァイオリン」 ブルーレイが発売


Tower Records ▶Midori plays Bach - Sonatas and Partitas for Solo Violin(輸入盤)
Tower Records ▶五嶋みどり、バッハを奏でる(輸入盤:国内流通仕様)
Amazon ▶五嶋みどり、バッハを奏でる [輸入盤] [日本語帯・解説付]

五嶋みどりがバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータを演奏した映像ブルーレイが10月31日に発売になります。

これは2016年にバッハゆかりの地ケーテンの、ケーテン城での収録。映像はフルHDで、音声は「PCM ステレオ」と「DTS HD MA5.1」を収録。日本語字幕もあるようです。

五嶋みどりは2年前にONYXレーベルよりCDで『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』を出しています。映像+サラウンドではどんな風でしょうか。

アマデウス四重奏団のDG録音のボックスが発売 CD70枚組


Tower Records ▶Amadeus Quartet - The Complete Recordings on DG
Amazon ▶Complete Recordings on Deutsch Box set, Import

「もはやボックスでないと買った気がしない」と認めたくないでしょうが(笑)、そういう方も多いかと思います。SACDラボ♪♪もそうです(^_^;)

アマデウス四重奏団がドイツグラモフォンに残したCDボックスが発売です。CD70枚組で、なかには初CD化もあるそうです。紙ジャケットはオリジナル・デザインを採用。

タワーレコードの収録曲をみると1951年録音から始まっていますね。最後は1987年あたりでしょうか。

それにしてもCD70枚。オーケストラならともかく、ひとつの弦楽四重奏団がこんなにレコードを出していたことに驚かされます。


Tower Records ▶Amadeus Quartet - The Complete Recordings on DG
Amazon ▶Complete Recordings on Deutsch Box set, Import

アファナシエフのDSDレコーディング『テンペスト〜プレイズ・ベートーヴェン II』が10月発売


Tower Records ▶テンペスト〜プレイズ・ベートーヴェン II/ヴァレリー・アファナシエフ
Amazon ▶テンペスト〜プレイズ・ベートーヴェン II/ヴァレリー・アファナシエフ

10月に来日公演を控えているヴァレリー・アファナシエフの新しいSACDハイブリッドが10月4日に発売です。ベートーヴェンを弾いた第2弾。

今回はピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」ほか。アファナシエフがここで弾くピアノはベーゼンドルファー。録音は2016年4月、ベルリン、イエスキリスト教会でのDSDレコーディングです。収録曲は以下のとおり。

・ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調 作品2の1
・ピアノ・ソナタ 第7番 ニ長調 作品10の3
・ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 作品31の2「テンペスト」


Tower Records ▶テンペスト〜プレイズ・ベートーヴェン II/ヴァレリー・アファナシエフ
Amazon ▶テンペスト〜プレイズ・ベートーヴェン II/ヴァレリー・アファナシエフ

ファジル・サイ『ショパン:ノクターン全集』SACDハイブリッドが発売

ファジル・サイの新しいSACDが発売です。今度は『ショパン:ノクターン全集』。SACDハイブリッド1枚です。

発売は10月25日予定。avex-CLASSICSより。ジャケットはまだアップされておりませんが、予約は開始されております。

Tower Records ▶ショパン:ノクターン全集/ファジル・サイ
Amazon ▶ショパン:ノクターン全集/ファジル・サイ

タイトルからもわかると思いますが、収録曲予定は以下のとおり。

ショパン:
1 ノクターン第1番 変ロ短調 作品9の1
2 ノクターン第2番 変ホ長調 作品9の2
3 ノクターン第3番 ロ短調 作品9の3
4 ノクターン第4番 ヘ長調 作品15の1
5 ノクターン第5番 嬰ヘ長調 作品15の2
6 ノクターン第6番 ト短調 作品15の3
7 ノクターン第8番 変ニ長調 作品27の2
8 ノクターン第9番 ロ長調 作品32の1
9 ノクターン第11番 ト短調 作品37の1
10 ノクターン第13番 ハ短調 作品48の1
11 ノクターン第14番 嬰ヘ短調 作品48の2
12 ノクターン第15番 ヘ短調 作品55の1
13 ノクターン第19番 ホ短調 作品72の1
14 ノクターン第20番 嬰ハ短調 遺作
15 ノクターン第21番 ハ短調 遺作

Tower Records ▶ショパン:ノクターン全集/ファジル・サイ
Amazon ▶ショパン:ノクターン全集/ファジル・サイ

[CD]チェリビダッケの珍しいマーラー、「亡き子をしのぶ歌」がミュンヘン・フィル・レーベルから


Tower Records ▶Mahler: Kindertotenlieder (1983 Rec); R.Strauss: Tod und Verklarung (1979 Rec)

これはCDですが、チェリビダッケがマーラーの「亡き子をしのぶ歌」を演奏したCDです。ミュンヘン・フィルとの1983年の音源というのですから、チェリビダッケの「レコードを出さない」円熟期の録音ということになります。

このCDはレーベルがミュンヘン・フィル・レーベルということでも分かるように、ミュンヘン・フィル所蔵のオリジナル・アナログ・マスターテープをマスタリング。ソプラノがブリギッテ・ファスベンダーというのもいいですね。同時収録はR.シュトラウスの「死と変容」(79年録音)。

マーラーの交響曲は一度も演奏しなかったというチェビリダッケ

このCDでチェリビダッケのマーラー、と聞いて珍しいと思いました^-^;。

タワーレコードの商品紹介を読むとチェリビダッケはマーラーが好きでないらしく、交響曲は一度も演奏してないのだそうです。今まで気づきませんでしたが、確かにブルックナーはあるけど、マーラーはな聴いたことがなかった。 チェリビダッケが生前演奏したマーラーはわずかに、「大地の歌」(92年)とこの「亡き子をしのぶ歌」(83年)の2回しかないそうです。

確かにチェリビダッケの美意識は、破滅的でもあるマーラーの響きにはうまく流れこまないかも。とはいえ「亡き子をしのぶ歌」なら合うのではないか。83年時点のチェリ&ミュンヘンでどんな音響になるか聴いてみたい気がします。


Tower Records ▶Mahler: Kindertotenlieder (1983 Rec); R.Strauss: Tod und Verklarung (1979 Rec)

古楽のクイケン四重奏団による『モーツァルト:ピアノ四重奏曲第2番&第1番』のSACD


Tower Records ▶Mozart: Piano Quartets K.493 & K.478/クイケン・ピアノ四重奏団

クイケン四重奏団によるSACD『モーツァルト:ピアノ四重奏曲第2番 K.493&第1番 K.478』が今月20日に発売になります。黒バックのジャケットから分かるようにChallenge Classicsからのリリース。

シギスヴァルト・クイケンと彼の娘二人、ともうひとりの方による四重奏団です。古楽器、フォルテピアノによる演奏。録音2016年9月ベルギーで。

SACDラボ♪♪もモーツァルトのピアノ四重奏曲は古楽器で聴いておりますが、それは90年代初めかそこらのCDで、古楽器の室内楽というだけで珍しがられた頃の演奏です。今回、SACDで古楽器のピアノ四重奏曲が、どんな響きか興味深いですね。収録曲は以下のとおり。


Tower Records ▶Mozart: Piano Quartets K.493 & K.478/クイケン・ピアノ四重奏団

礒絵里子がヴァイオリン愛奏曲を録音したSACD『エスプレッシーヴォ』


Tower Records ▶エスプレッシーヴォ/礒絵里子
Amazon ▶エスプレッシーヴォ/礒絵里子

ヴァイオリニスト、礒絵里子のデビュー20周年記念としてSACDハイブリッド『エスプレッシーヴォ』が10月18日に発売です。

ヴァイオリン愛奏曲全18曲が録音されました。場所は2017年8月、横浜市みどりアートパーク。収録曲は以下のとおり。

01. スケルツォ(ブラームス)
02. 愛の挨拶(エルガー)
03. カンタービレ(パガニーニ)
04. ヴォカリーズ(ラフマニノフ)
05. 真夜中の鐘(ホイベルガー/クライスラー編)
06. 熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ/ハルトマン.ハイフェッツ編)
07. 感傷的なワルツ(チャイコフスキー/クロピック~礒絵里子編)
08. 舞踏会の美女(アンダーソン/山田武彦編)
09. 即興曲第15番「エディット・ピアフを讃えて」(プーランク)
10. 愛の小径(プーランク)
11. スペインのセレナーデ(シャミナード/クライスラー編)
12. 中国の太鼓(クライスラー)
13. ロンディーノ(クライスラー)
14. シンコペーション(クライスラー)
15. スペイン舞曲(ファリャ/クライスラー編)
16. ノクターン第20番遺作(ショパン/ミルシテイン編)
17. トルコ行進曲(モーツァルト/玉木宏樹~デュオ・プリマ編)
18. ワルツ・スケルツォ(チャイコフスキー)

礒絵里子(ヴァイオリン)
實川風(ピアノ)1 - 16、18
神谷未穂(ヴァイオリン)8、17


Tower Records ▶エスプレッシーヴォ/礒絵里子
Amazon ▶エスプレッシーヴォ/礒絵里子

ヴァイオリニスト、礒絵里子のデビュー20周年記念としてSACDハイブリッド『エスプレッシーヴォ』が10月18日に発売です。

パッパーノのSACD『サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」』にアルゲリッチも


Tower Records ▶サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」
Amazon ▶サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」

SACD『アントニオ・パッパーノ/サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」』が9月に発売になります。指揮はアントニオ・パッパーノ。オーケストラはローマ聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団です。

サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」はオーディオ・ファイルにはオーディオ心がうずく楽曲と思います。

一方「動物の謝肉祭」ではパッパーノのピアノだけではなく、あのマルタ・アルゲリッチもピアノで参加しているところが注目です。収録曲は以下のとおり。

1)サン=サーンス: 交響曲第3番「オルガン付き」
アントニオ・パッパーノ指揮 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団,
ダニエレ・ロッシ:オルガン)
2)サン=サーンス: 組曲「動物の謝肉祭」
アントニオ・パッパーノ(ピアノ),
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ),
サンタ・チェチーリア管弦楽団ソロイスツ,

【録音】
1) 2016年4月, ローマ、オーディトリウム・パルコ・デラ・ムジカ(ライヴ収録:拍手入り)
2) 2016年11月, ローマ、サラ・ペトラッシ


Tower Records ▶サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」
Amazon ▶サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」

タワレコが、クイケン&ラ・プティット・バンドのSACD&CDを来日記念セール


Tower Records ▶Vivaldi :Le Quattro Stagioni (The Four Seasons) Op.8/Cello Concerto RV.403

この10月に来日が予定されるシギスヴァルト・クイケン&ら・プティット・バンドですが、それを記念してタワーレコードが、ACCENTレーベルからリリースしたSACDやCDのセールをしています。ここではSACDだけを取り上げてみました。CDを含めた全セール商品を見たい方はタワーレコードのこちらをご覧ください。在庫の無い商品は、10月上旬頃の入荷を予定。

SACDのなかには見分けがつきにくいバッハのカンタータが含まれていますがタワーレコードのページには、ディスクの説明が少なからず載っているので参考にできます。セールではSACD1枚が1,399円くらい。運賃が加わってしまうので美味しさは薄れますが、それでもまだリーズナブルかと。

セール期間
2017年9月8日(金)〜2017年9月30日(土)10:00(予定)まで

クイケン&ラ・プティット・バンド来日記念セール SACD


Tower Records ▶Vivaldi :Le Quattro Stagioni (The Four Seasons)

ヴィヴァルディの「四季」SACDラボ♪♪レビューはこちら

Tower Records ▶Vivaldi: Flute Concertos

Tower Records ▶Haydn: Harpsichord Concertos Hob.XVIII-4, Hob.XVIII-3,

Tower Records ▶Mozart :Cassations No.1 K.63/No.2 K.99/Divertimento No.7 K.205

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas "O Ewigkeit, dDonnerwort" BWV.20, "Ach Gott, vom Himmel sieh darein"BWV.2

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas BWV.54, BWV.134, BWV.168, BWV.186

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas for Pentecost BWV.34, BWV.173

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas for The Complete Liturgical Year Vol.3 - BWV.82

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas Vol.1 - BWV.56, 180, 98, 55

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas Vol.18 - BWV.70, BWV.9, BWV.182

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas Vol.6 -BWV.1, BWV.18, BWV.23

Tower Records ▶J.S.Bach: Cantatas Vol.8 -BWV.13, BWV.73, BWV.81, BWV.144

Tower Records ▶J.S.Bach:Cantatas for the Liturgical Year Vol.5

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...