イザベル・ファウストの過去3タイトルがSACDシングルレイヤーで発売

バッハの“無伴奏”で、日本の高音質ファンに人気のイザベル・ファウストのSACDシングルレイヤーが、11月20日に3タイトル発売になります。

今回発売になるのは、〈2012年度レコード・アカデミー大賞〉を受賞したアバドとの『ベルク&ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲集』。同じく〈室内楽部門〉受賞の『フランクのヴァイオリン・ソナタ』。そしてバッハのヴァイオリン・ソナタ集の3タイトルです。

いずれもベルリンのテルデックス・スタジオから提供されたマスター音源からのマスタリング。国内プレスでの限定版。日本語帯・解説付きです。

ハルモニア・ムンディのイザベル・ファウストのタイトルはSACDシングルレイヤー の代名詞のような感がありますが、出ているようで、出ていないものも結構あると思います。この機会にファンの方はチェックしてみてください。

アバドとの共演でベルク、ベートーヴェンの協奏曲

アルバン・ベルク: ヴァイオリン協奏曲(ある天使の思い出に)/ベートーヴェン: ヴァイオリン協奏曲 【SACDシングルレイヤー 】
Tower Records
Amazon

イザベル・ファウストがクラウディオ・アバドと共演。ベルクとベートーヴェンの協奏曲を2曲収録という充実の内容。オーケストラはモーツァルト管弦楽団で2010年11月、ボローニャでの収録。2012年度レコード・アカデミー大賞受賞。

2016年録音のフランク、ショーソン

セザール・フランク: ヴァイオリン・ソナタ イ長調/エルネスト・ショーソン: コンセール〜ヴァイオリン、ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲 ニ長調 op.21 【SACDシングルレイヤー 】
Tower Records
Amazon

フランクの名作「ヴァイオリン・ソナタ」 と、ショーソンの「コンセール〜ヴァイオリン、ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲」を収録。ショーソンでの共演はサラゴン弦楽四重奏団。録音は2016年テルデック・スタジオ・ベルリン。2016年度のレコード・アカデミー賞室内楽部門受賞盤です。

1658年製ヴァイオリンによるバッハのソナタ。CD2枚組がSACD1枚に

J.S. バッハ: ヴァイオリン・ソナタ集 (オブリガート・チェンバロとヴァイオリンのためのソナタ集) 【SACDシングルレイヤー 】
Tower Records
Amazon

CDでは2枚組で出ていたものを、SACDシングルレイヤー1枚に収録。チェンバロとの共演でバッハのヴァイオリン・ソナタ集です。ヴァイオリンは1658年製ヤコブ・シュタイナーを使用。チェンバロもバッハが愛したジャーマンスタイルで「オルガンのように豊かな響きを可能にしながら、一音一音の発音(響き)がクリアな名器」とのこと。録音は2016年テルデックス・スタジオ。

BISよりSACD、仏現代音楽作曲家デュパサンの管弦楽、協奏曲作品集

パスカル・デュサパン: 管弦楽作品集 【SACDハイブリッド】
Tower Records

BISからSACDハイブリッドが発売になります。フランスの現代音楽作曲家パルカル・デュパサン(1955年生まれ)の作品集。ソリストをともなうオーケストラ作品も含まれます。

収録されているのは、サントリーホール国際作曲委嘱シリーズで2014年に初演された『風に耳をすませば』。

指揮者マレク・ヤノフスキの提案により手がけたという2011年完成のヴァイオリン協奏曲『上昇』。

そして2002年作曲のピアノ協奏曲『何故なら』。

指揮はパスカル・ロフェ、フランス国立ロワール管弦楽団の演奏で2017年録音。

パスカル・デュサパン: 管弦楽作品集 【SACDハイブリッド】
Tower Records

ジギスヴァルト・クイケンの1978-2007年の室内楽録音を集成したCD20枚組

ジギスヴァルト・クイケン/室内楽録音集成1978-2007
Tower Records

これはCDですが、ジギスヴァルト・クイケンの1978年から2007年の室内楽録音が集成されて発売です。CD20枚組。リリースは古楽でおなじみのAccentから。

この録音にはクイケン三兄弟が共演となるディスクもあるそうです。各ディスクのテーマは以下のとおりです。具体的な収録曲、録音年、演奏者はタワーレコードの方をご覧ください。

[CD1]「17世紀のヴィオールための音楽」
[CD2]「後期フランス・ヴィオール音楽集」
[CD3]「喜びの館〜2 挺のヴィオールのための音楽」
[CD4] クープラン:『諸国の人々』(フランス人、スペイン人)
[CD5] クープラン:『諸国の人々』(神聖ローマ帝国人、ピエモンテ人)
[CD6] ラモー:コンセール用のクラヴサン曲集 第1〜5番
[CD7] コレッリ:ヴァイオリン・ソナタ集 Op.5より
[CD8]「ドイツ・バロック室内楽曲集」
[CD9] J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(第1〜3番)
[CD10] J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(第4〜6番)
[CD11] ハイドン:6つの三重奏曲 Op.38
[CD12] ハイドン:6つのフルート三重奏曲
[CD13] ハイドン:6つのフルート四重奏曲(第1〜4番)
[CD14] ハイドン:6つのフルート四重奏曲(第5・6番)
[CD15] モーツァルト:フルート四重奏曲 第1〜4番
[CD16] モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集 K301、 K302
[CD17] モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集 K303、 K304、K305、 K306
[CD18] モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集 K206、 K376(374d)、 K377
[CD19] モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集 K378(317d)、K379(373a)、K380(374f)
[CD20] モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集 K454、 K481、K526

室内楽録音集成1978-2007<限定生産20枚組ボックス盤>
Tower Records

[CD]フルトヴェングラーとクナッパーツブッシュのTAHRA原盤がリマスターされて発売

これはCDですが、TAHRA原盤のフルトヴェングラーとクナッパーツブッシュの最新リマスタリングで発売になります。発売になるのは以下の3タイトル。これらはキング関口台スタジオで新たなリマスターがおこなわれたもの。TAHRA自体はもう運営をしていないので、新たなリマスタニングでの発売は歓迎のファンも多いと思います。

フルトヴェングラーの4つの“第九”

フルトヴェングラー、4種の「第九」(ターラ編) 【4CD】
Tower Records
Amazon

フルトヴェングラーが指揮した4種類の「第九」録音を収録。CD4枚組です。音源はそれぞれ愛称で呼ばれている有名なものです。

CD1 「ベルリンの第九」
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ブルーノ・キッテル合唱団
録音:1942年3月22〜24日 フィルハーモニー、ベルリン(ライヴ)

CD2 「ストックホルムの第九」
ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団・合唱団、
録音:1943年12月8日 ストックホルム・コンサートホール(ライヴ)

CD3 「ウィーンの第九」
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・ジングアカデミー
録音:1952年2月3日 ムジークフェライン(楽友協会)大ホール、ウィーン(ライヴ)

CD4 「ルツェルンの第九」
フィルハーモニア管弦楽団、ルツェルン祝祭合唱団
録音:1954年8月22日 クンストハウス、ルツェルン(ライヴ)

フルトヴェングラーが戦後ベルリン・フィル定期演奏会で指揮した全部のベートーヴェン

定期演奏会のベートーヴェン 【6CD】
Tower Records
Amazon

フルトヴェングラーが戦後、ベルリン・フィルと定期演奏会で指揮したベートーヴェンの交響曲ライヴのすべてを収録。もちろんティタニア・パラストでの定期演奏会のライヴです。

Disc1 交響曲第6番『田園』、第5番『運命』
録音:1947年5月25日

Disc2 交響曲第3番『英雄』、第1番
録音:1950年6月20日(第3番)、1954年9月19日(第1番)

Disc3 交響曲第3番『英雄』
録音:1952年12月7日

Disc4 交響曲第3番『英雄』
録音:1952年12月8日

Disc5 交響曲第7番、第8番
録音:1953年4月14日

Disc6 交響曲第6番『田園』、第5番『運命』
録音:1954年5月23日

クナッパーツブッシュのブルックナーとワーグナーの6枚組

ブルックナー&ワーグナー/ハンス・クナッパーツブッシュ 【6CD】
Tower Records
Amazon

CD1 ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(改訂版)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1944年9月8日、バーデンバーデン(放送用)

CD2 ブルックナー:交響曲 第9番(改訂版)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1950年1月28日、ティタニア・パラスト、ベルリン(放送用)

CD3 ブルックナー:交響曲 第9番(改訂版)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1950年1月30日、ティタニア・パラスト、ベルリン(ライヴ)

CD4 ブルックナー:交響曲第8番(改訂版)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1951年1月8日、イエス・キリスト教会、ベルリン ハンス・クナッパーツブッシュ(指揮)

CD5 ブルックナー:交響曲第3番「ワーグナー」(改訂版)
北ドイツ放送交響楽団
録音:1962年1月15日、ハンブルク・ムジークハレ(ライヴ)

CD6 ワーグナー:
1. ジークフリート牧歌
2. 前奏曲と愛の死〜楽劇「トリスタンとイゾルデ」より
3. 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第3幕への前奏曲
4. ブリュンヒルデの自己犠牲〜楽劇「神々のたそがれ」より
5. 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
北ドイツ放送交響楽団
録音:1963年3月24日、ハンブルク・ムジークハレ(放送用)

【タワレコ限定SACD】11/14発売はカレル・アンチェル&チェコ・フィルのマーラーなど3タイトル

クラシック・ファンが楽しみにしている〈タワーレコード限定SACD〉がまたまた発売になります。

今度は「スプラフォンSACDハイブリッドシリーズ第3弾」として、前2回に続きカレル・アンチェルが指揮をしたアルバムが3タイトル。いずれもチェコのスプラフォン社のオリジナル・アナログ・マスターテープよりダイレクトにDSD化した初SACD化。

盤印刷面は緑色仕様。通常ジュエルパッケージ仕様ですが、今回はジャケットもいい感じのデザインですね。

ユダヤ系アンチェルのマーラー「巨人」と第9番(2枚組)

マーラー: 交響曲第1番「巨人」、第9番/カレル・アンチェル、チェコ・フィル(2枚組)
Tower Records

ユダヤ系であるアンチェルのマーラー。2枚組でディスク1に「巨人」(64年録音)、ディスク2に第9番(66年録音)を収録。

アンチェルとチェコ・フィルならではのヤナーチェク

ヤナーチェク: シンフォニエッタ、狂詩曲「タラス・ブーリバ」、ストラヴィンスキー: 詩篇交響曲/カレル・アンチェル、チェコ・フィル
Tower Records

ヤナーチェクの2曲(61年録音)にストラヴィンスキー「詩篇交響曲」(66年録音)を収録。

アンチェル最後期の「展覧会の絵」他

ムソルグスキー(ラヴェル編): 展覧会の絵、プロコフィエフ: バレエ音楽「ロメオとジュリエット」より/カレル・アンチェル、チェコ・フィル
Tower Records

アンチェルが亡命した68年録音の「展覧会の絵」と、59年ステレオ録音の「ロメオとジュリエット」抜粋。

ティルソン・トーマス&サンフランシスコ響のSACD、ベルリオーズ:劇的交響曲『ロメオとジュリエット』

ベルリオーズ: ロメオとジュリエット/マイケル・ティルソン・トーマス、 サンフランシスコ交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records

マイケル・ティルソン・トーマス&サンフランシスコ響のSACDハイブリッドが発売です。今回はベルリオーズの劇的交響曲『ロメオとジュリエット』全曲。2枚組でマルチチャンネルも収録です。11月30日発売予定。

ベルリオーズというと「幻想交響曲」がまず有名ですが、その他でも革新的、独創的な音楽を作っていたと、クラシックを聴きこんでくると知ることになります。「幻想交響曲」よりも『ファウストの劫罰』の方が代表作だ、と言う人もいますし、この劇的交響曲『ロメオとジュリエット』もベルリオーズの鬼才を知ることができるかもしれません。

マルチチャンネルで聴くと良さそうですね。タワーレコードでは2枚組でも3千円を切っております。SFSの公式動画がアップされております。

ベルリオーズ: ロメオとジュリエット/マイケル・ティルソン・トーマス、 サンフランシスコ交響楽団
Tower Records

ベルリン・フィル自主レーベルからブルーレイ+CDで内田光子のベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲(全曲) /内田光子、サイモン・ラトル [3CD+2Blu-ray Disc]
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Amazon [輸入盤] [日本語帯・解説付]

ベルリン・フィルの自主レーベル“ベルリン・フィル・レコーディングス”からまた高音質音源を収録した2ブルーレイ+3CDが発売になります。今回は内田光子のベートーヴェン:ピアノ協奏曲全曲チクルスの録音。収録は2010年で指揮はサイモン・ラトルです。

ブルーレイの1枚は実質Blu-ray Audioで、全5曲のPCM2chとサラウンド(DTS-HD MA)を収録。

もう1枚のブルーレイには全5曲の映像を収録。映像の音もPCMステレオとサラウンド(5.0DTS-HD MA)が入っています。ボーナス映像として「内田光子、ベートーヴェンのピアノ協奏曲について語る(字幕日本語)」。

ベルリン・フィル・レコーディングスも着々とそのタイトルを増やしていきますね。ベルリン・フィルだけに内容は豪華。またSACDなどが昔のタイトルが多い中で、比較的現在のベルリン・フィルの音源が聴けるのも“ベルリン・フィル・レコーディングス”の魅力です。収録は以下のとおり。

ブルーレイ1(音声 収録時間:182分)
ベートーヴェン、ピアノ協奏曲(第1〜5番)
・2.0PCMステレオ(48kHz/24bit)
・5.0DTS-HD MA(48kHz/24bit)

ブルーレイ2(映像)
ベートーヴェン、ピアノ協奏曲(第1〜5番) ・画面:Full HD 1080/60i,16:9
・音声:PCMステレオ,5.0DTS-HD MA リージョン:All/収録時間:203分

CD1
・ピアノ協奏曲第1番
・ピアノ協奏曲第2番

CD2
・ピアノ協奏曲第3番
・ピアノ協奏曲第4番

CD3
・ピアノ協奏曲第5番
録音 2010年2月10日、14日、20日 ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲(全曲) /内田光子、サイモン・ラトル [3CD+2Blu-ray Disc]
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Amazon [輸入盤] [日本語帯・解説付]

シカゴ交響楽団が20世紀を振り返って制作したCD10枚組ボックス

20世紀のシカゴ交響楽団〜コレクターズ・チョイス【CD】
Tower Records

これはCDですが、シカゴ交響楽団が20世紀を振り返っての貴重音源を収録したCDを発売。CD10枚組でブッシュ、ワルター、コンドラシン、モントゥー、アンセルメ、小澤征爾など、歴代の指揮者による、シカゴのオーケストラ・ホールと、ラヴィニア・フェスティバルでの貴重な演奏のようです。

本作はシカゴ交響楽団の自主制作CDですがCSO Resoundレーベルとはまた別のもののようです。各ディスクの収録曲はタワーレコードの方をご覧ください。

20世紀のシカゴ交響楽団〜コレクターズ・チョイス【CD】
Tower Records

BISよりSACD、プラウティハムがプレイエルを弾いてのメンデルスゾーン:ピアノ協奏曲集

メンデルスゾーン: ピアノ協奏曲集/ロナルド・ブラウティハム【SACDハイブリッド】
Tower Records

BISからSACDが11月20日に発売になります。BISのSACDに録音を多く残すピアニスト、プラウティハムによる、メンデルスゾーンのピアノ協奏曲と小品です。

共演するのはモーツァルトのピアノ協奏曲集でも共演した、ミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンズ指揮、ケルン・アカデミー。プラウティハムが使用するピアノはプレイエル(1830 年製作)のレプリカとのこと。

SACDラボ♪♪はオリジナル楽器によるピアノ協奏曲は、ベートーヴェンまでしか聞いたことがないので、メンデルスゾーンではどんな響きの音楽として聞こえるか興味深いです。録音は2016年と2017年。収録曲は以下のとおり。

メンデルスゾーン:華麗なロンド 変ホ長調 Op.29
メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番 ト短調 Op.25
メンデルスゾーン:華麗なカプリッチョ ロ短調 Op.22
メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第2番 ニ短調 Op.40
メンデルスゾーン:セレナードとアレグロ・ジョコーソ ロ短調 Op.43

メンデルスゾーン: ピアノ協奏曲集/ロナルド・ブラウティハム【SACDハイブリッド】
Tower Records

CHANDOSからSACD、シャイン・ワンのチャイコフスキー&スクリャービン:ピアノ協奏曲集

チャイコフスキー: ピアノ協奏曲第1番&第3番/スクリャービン: ピアノ協奏曲【SACDハイブリッド】
Tower Records

CHANDOSからSACDハイブリッドが発売です。シャイン・ワンのピアノによるチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番&第3番。そしてスクリャービンのピアノ協奏曲というヴォリュームのある内容。11月10日発売予定。

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番は人気曲ですが、このSACDでは録音されることの少ないオリジナル・ヴァージョン(1879-80年版)での収録です。

指揮はピーター・ウンジャン。オーケストラはロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団。2018年4月グラスゴーでの録音です。

チャイコフスキー: ピアノ協奏曲第1番&第3番/スクリャービン: ピアノ協奏曲【SACDハイブリッド】
Tower Records


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...